合わない・外れやすいでお悩みの方へ~入れ歯治療~

合わない・外れやすいでお悩みの方へ~入れ歯治療~

歯を失ってしまったままにしておくと、となりの歯が傾いてきたり、噛み合っていた歯が伸びてきたりして噛み合わせのバランスがくずれてしまいます。失った歯の機能を補う治療には、となりの歯を削って連結した歯を装着する「ブリッジ治療」と、手術で人工歯根を埋め込む「インプラント治療」、そして取り外し可能な「入れ歯治療」があります。

小田急線・JR南武線の登戸駅より徒歩4分のアットホームな歯医者「中村歯科医院」では、患者様に合わせた入れ歯を作製します。保険診療の入れ歯はもちろん、さまざまな自費診療の入れ歯にも対応しますのでお気軽にご相談ください。

入れ歯治療はほとんどの症例に対応します

入れ歯治療はほとんどの症例に対応します

入れ歯治療は失ってしまった歯の機能を補うための治療として歴史が古く、もっともポピュラーです。お口の状態に合わせてオーダーメイドで作製するので、ほとんどの症例に対応します。ただ入れ歯には「外れやすい」「噛みにくい」などのイメージがあるかもしれません。しかしそのような不具合は、お口にぴったり合っていて噛み合わせが整っていれば改善できます。

入れ歯治療のメリット

入れ歯治療のメリット

保険診療の入れ歯は治療費を一部負担するだけで良いので、比較的安価に治療できます。また治療期間もそれほど長くはかかりません。入れ歯は取り外し可能なのでお手入れがかんたんで、流水や専用ブラシでしっかり汚れを落とせます。またインプラント治療のように外科手術をする必要もありません。

  • メリット1:比較的安価です
  • メリット2:お手入れがかんたんです
  • メリット3:手術が必要ありません
  • メリット4:比較的短期間に治療できます
保険診療と自費診療の入れ歯の違い

保険診療の入れ歯は、作製方法も材料も決まっています。総入れ歯の場合はレジン(歯科用プラスチック)製で、部分入れ歯の場合は、そこに金属のバネ(クラスプ)がつきます。自費診療の入れ歯は、素材や作製方法に制限がないので、さまざまな選択肢の中からご自分に合った入れ歯を選べます。

  自費診療 保険診療
見た目 自費診療 保険診療
素材 選択肢があります 制限があります
構造 選択肢があります 制限があります
費用 比較的高額です 比較的安価です
作製時間 長めです 1ヶ月~1ヶ月半と短めです
見た目 自然な仕上がりにできます 不自然な場合があります
噛み心地 さまざまな選択肢があります 硬いものが噛みにくいことがあり、食べものの温度が分かりにくいことがあります
強度 強度が高く、長期間使用が可能です 強度が低く、壊れやすいとはいえ、修理も調整も比較的かんたんです
目立たない人気の入れ歯~ノンクラスプデンチャー

目立たない人気の入れ歯~ノンクラスプデンチャー

残っている歯にかけるバネがない部分入れ歯がノンクラスプデンチャーです。弾力性のある素材を使用しているので、歯ぐきにフィットします。またクラスプがないので、見た目が自然なのが特徴。やわらかく軽いため、装着感の高さも魅力です。ただ、色素沈着や劣化もある素材なので、3~5年で新しくするのが望ましいです。お口の状態によっては作製できないことがあるので、まずはお気軽にご相談ください。

入れ歯治療メニュー
レジン床義歯(保険診療)

レジン床義歯(保険診療)

レジンでつくる入れ歯です。部分入れ歯の場合は金属のバネがつきます。ある程度の厚みがあるので装着感があまりよくありません。慣れるまでにも少し時間がかかりますが、お口にぴったり合っていれば比較的快適に使用できます。

金属床義歯(自費診療)

金属床義歯(自費診療)

床の部分を金属でつくる義歯です。薄くつくれるので比較的違和感が少なく、食べものの温度も伝わりやすいのが特徴です。雑菌がつきにくく、衛生的な点もメリット。金属の種類によって装着感が異なります。

シリコンデンチャー(自費診療)

シリコンデンチャー(自費診療)

歯ぐきにあたる部分に生体用シリコンを使用した入れ歯です。歯ぐきにフィットして、硬いものでもグッと噛めます。入れ歯と歯ぐきの間に食べかすが入ってしまうのを防ぎます。

comfort

マグネットデンチャー(自費診療)

マグネットデンチャー(自費診療)

残っている歯根に磁性金属を装着して、入れ歯に磁石を埋め込み磁力で固定する入れ歯。固定装置が見えないので自然な見た目です。またしっかり噛むことができます。

自費診療義歯の料金表
部分入れ歯
チタン床義歯 250,000円~
コバルトクロム床義歯 200,000円~
ノンメタルクラスプ義歯 110,000円~
総入れ歯
チタン床義歯 350,000円~
コバルトクロム床義歯 300,000円~
磁性アタッチメント(維持装置) 1装置につき 60,000円~

※すべて税別料金です

※入れ歯はお口の状態により費用が異なりますので、詳しくは直接ご相談ください

入れ歯のお手入れ方法

入れ歯のお手入れ方法

お口の中で使用する入れ歯は清潔に保つことが大切です。使用後は流水で汚れを洗い流し、入れ歯専用ブラシを使用しましょう。その際に注意していただきたいのが、歯ブラシや歯みがき粉を使用しないことです。歯みがき粉には研磨剤が入っているので、入れ歯をこすると目に見えない細かい傷がつきます。するとそこにカビや雑菌が繁殖してしまうのです。

入れ歯は専用のブラシと専用のみがき剤できれいにしましょう。さらに入れ歯洗浄剤を活用して、一定時間浸水させます。入れ歯の着色やにおいを除去し、除菌することができます。

院長ミニコラム~長持ちのためには自費診療をおすすめします~

院長ミニコラム~長持ちのためには自費診療をおすすめします~

保険診療と自費診療の入れ歯を家に例えると、「プレハブ住宅」と「注文住宅」だといえます。「プレハブ住宅」はとりあえず住めますが、長期間使用するとさまざまな問題が浮上します。保険診療の入れ歯もつくってすぐは快適に使えても、やがて口腔内が変化したり、噛み合わせが変わったり、摩耗したりすると不具合が生じます。また、見た目にもあまり重点を置いていません。

しかし「注文住宅」はさまざまなこだわりが実現できます。自費診療の入れ歯では見た目や使用感、味覚などを考えた注文ができますので、長期間使用するには自費診療の入れ歯がおすすめです。